健康経営と安全衛生のプロフェッショナル

ストレスチェック

実施・報告義務

50名以上の労働者を抱える事業所には、年に一度ストレスチェックの実施義務があります。
また、労働基準監督署への報告義務もあります。
事業所には実施義務がありますが、労働者には受検義務はありません。
ストレスチェックは、心の健康診断です。
メンタルヘルス対策の一次予防にあたります。

労働者の定義

労働者数には、パート労働者など非正規の労働者も含みます。
週に1回しか働いていない方でも、継続的に雇用している場合は人数に含みます

ストレスチェック制度の
 2つの目的

1.労働者の皆さんが、日頃あまり振り返ることのない自分の「心と身体の状態」を見つめ直し、「セルフケア」につなげることで、健康で働けるからだと心をつくっていくきっかけにする。

2.ストレスチェックの結果を分析し、
「働きやすい職場づくり」につなげていく。

島の保健室のストレスチェック

島の保健室は、宮古島唯一のストレスチェック機関です。
毎年約10社のストレスチェック業務を承っております。
心の健康は身体の健康と同じように大切です。
ストレスチェックの実施をきっかけに、メンタルヘルス対策に取り組みましょう。

また、以下のようにサポートも充実しています

  • ストレスチェックの実施についての疑問も安心。直接会って制度のご説明をいたします。
  • 労働者周知用の実施ポスターを御社に応じて作成いたします。
  • 人手不足の事業所では、封筒、記入用紙の準備も含めすべて代行しますので、担当者様は封筒を配って集めるだけです。
  • 集団分析レポートは、事業所の状況に合わせて分析いたします。
  • ご希望に応じて報告会も行います(実施費用に含まれます)。
  • ストレスチェックの実施前後に労働者や管理者向けの講習会も行えます。
  • 建設現場の職場環境改善アドバイザーです。

ストレスチェック関連の助成金のご紹介

ストレスチェックにはさまざまな助成金が活用できます。
最新情報などは、労働者健康安全機構のHPをご確認ください。

心の健康づくり計画助成金

事業主の方がメンタルヘルス対策促進員による助言・支援(事業場訪問3回まで)に基づき、心の健康づくり計画を作成し、計画を踏まえメンタルヘルス対策を実施した場合に助成されます。
  • 助成金額 一企業につき一律10万円を将来にわたって1回に限り支給

ストレスチェック助成金

派遣労働者を含めて従業員50人未満の事業場がストレスチェックを実施し、また医師からストレスチェック後の面接指導等の活動の提供を受けた場合に、費用の助成を受けられる制度です。
    助成対象
  • ストレスチェック
     年1回のストレスチェックを実施した場合に、実施人数分の費用が助成されます。
  • ストレスチェックに係る医師による活動
     ストレスチェック実施後に面接指導の実施と面接指導の結果について事業主に意見陳述などの実施回数分(上限3回)の費用が助成されます。
    助成金額
  • ストレスチェックの実施 従業員につき500円
     年1回のストレスチェックを実施した場合に、実施人数分の費用が助成されます。
  • ストレスチェックに係る医師による活動
     1事業所あたり1回の活動につき21,500円(上限3回)※500円と21,500円はそれぞれの上限額ですので、実費額が上限額を下回る場合は実費額を支給します。

職場環境改善助成金建設現場コース

建設業の元方事業者が、ストレスチェック実施後の集団分析結果を踏まえ、専門家による指導に基づき職場環境改善計画を作成し、計画に基づき職場環境の改善を実施した場合に、指導費用の助成を受けられる制度です。
  • 助成金額 1建設現場当たり100,000円を上限に、将来にわたり1回限り助成されます。
※助成金を有効活用する観点から、同一年度中に同一県内の建設会社に対する助成金の支給は1回限りとなります。

職場環境改善助成金事業場コース

事業主の方が、ストレスチェック実施後の集団分析結果を踏まえ、専門家の指導に基づき職場環境改善計画を作成し、計画に基づき職場環境の改善を実施した場合に負担した指導費用が助成されます。
  • 助成金額 1事業場当たり100,000円を上限に、将来にわたり1回限り助成されます。
お問合せ